トップページ > 更に楽しむ周辺機器 >  ゲーム用ディスプレイ

ゲーム用ディスプレイ

ゲーム用のディスプレイは、単に画面が大きいからという理由で判断してはいけません。

ゲーム用は画面の大きさではなく、解像度が大きく影響します。

輝度やコントラストのバランスも重要になってきますし、画面の縦横の比率も極端なものを選ばないようにしないと、画像が引き伸ばされて表示されてしまう事があります。

輝度とコントラストのバランスが重要!

輝度は画面の最大の明るさのことを指し、コントラストは白と黒の明るさの度合いを表します。

MMORPGのダンジョン等の暗い場面では、コントラスト比が見やすさに大きく影響してきます。

コントラスト比が高いほど暗い場面でも見やすい映像となります。

ゲーム用のディスプレイとして、綺麗な画質でみるためには、輝度は400cd/㎡ 以上で、コントラストは500:1あればリアルな3Dグラフィックスを楽しむ事が出来ると言われています。

このページのトップへ↑

ゲーム用ディスプレイは解像度で選ぼう!

ゲーム用ディスプレイは、解像度にこだわる事でキレイな映像を楽しむ事が出来ます。

もちろん解像度が高い(画面が広い)と、一度に表示される映像の量が多くなるので、グラフィックボードにも高い性能が要求されます。

同じグラフィックボードを使用した場合でも、プレイしているオンラインゲームでの解像度が高いほど遅くなってしまうため、フルHD(WUXGA 1920x1200)でハイスペックゲームを楽しむ場合はハイエンドクラスのグラフィックボード(*900系以上)が必要になってきます。

グラフィックボードの性能が足りない場合は、ゲーム設定で解像度を低くすることもできますが、フルスクリーンで表示を行うと小さな映像を大きく引き延ばして表示する事になる為、映像が粗くなってしまいます。

このページのトップへ↑

縦と横の長さの比率が固定表示に対応しているモノを選ぼう!

画面や画像の縦と横の長さの比率(アスペクト比)固定の表示に対応していないディスプレイだと、横に引き延ばされて太った映像になってしまったり、縦に引き伸されて痩せた映像になってしまいます。

グラボの設定でどのモニターでもアスペクト比固定の出力ができる場合もあります。

メーカーによってアスペクト比固定と記載されていない場合でも、最近ではアスペクト比固定が当たり前となっていることや、アスペクト比固定に対応している場合のみ記載するメーカーもあるので、ゲーム用ディスプレイを選ぶ際の参考にしましょう。

このページのトップへ↑