トップページ > ゲーム用PCパーツを考察 >  メモリ

メモリ

メモリとは、「情報を記憶する部分のことを指します。

データを保存するパーツには、メモリの他にHDDがありますが、ビデオテープのように磁気によって物理的にデータを読み書きするので処理にとても時間がかかってしまいます。

「データを電気的に保存してデータのやり取りをさせれば、PCをより早く動作させる」という考えから完成したのが「メモリ」です。

メモリはPCの作業場!

オンラインゲームでは、「CPU=ゲームを動作させる機能」、「メモリ=ゲームが動く場所」、「HDD=ゲームのクライアントの保存場所」となっています。

メモリは、ゲームのクライアントの保存場所であるHDD(ハードディスク)から、データを処理するCPUに渡すまでデータを置いておくための部分となります。

メモリを増やすことで、CPUが作業出来る場所を広げることに繋がり、パソコンの処理が効率化されラグが減ります。

それだけではなく、ゲーム動画の撮影や攻略サイトを見ながらのゲームプレイ等も快適に楽しむ事が出来ます。

このページのトップへ↑

メモリが足りているのにラグが酷い場合

メモリが十分に足りているのにラグが酷くゲームが出来ない場合は、グラボの性能不足かCPUの性能不足が考えられます。

グラボは載せ変えすることで対応出来ますが、CPUの載せ変えはほぼ不可能なので、CPUに原因がある場合は素直に新しいゲーム用PCに買い換える事をオススメします。

このページのトップへ↑