トップページ > ゲーム用PCの基礎知識 >  ゲーム用PC購入の準備

ゲーム用PC購入の準備

ゲーム用PCを購入する前に、まずは今あるPCのスペックを確認しましょう。

ゲーム用PCは高い買い物になるので、購入前に買い替えが必要なのか、一部のパーツを強化すれば問題ないのか等を把握しておく必要があります。

こういった下調べ、確認をしておくだけで、無駄なお金を使うことなく欲しいゲーム用PCが手に入ります。

手持ちのPCスペックと遊びたいゲームの必要スペックを確認しよう!

ゲーム用PCを買う前に、まず最初に現在の自分のPCスペックがどんなものなのか確認しましょう。

遊びたいオンラインゲームの動作に必要な推奨スペックに対して、グラフィックボードの性能だけ明らかに足りていない場合なら、PCの買い替えをせずとも、グラフィックボードだけ交換して対応する事も可能となってきます。

オンラインゲームをプレイする上で特に重要な部分は、「OS」「CPU」「メモリ」「グラフィックカード」「ビデオメモリ」の5つです。

その中でも特に、CPUのスペックが限りなく低い場合は、PCごと買い換えをしないとハイスペックなオンラインゲームをプレイする事はほぼ不可能です。

グラフィックボードとメモリもオンラインゲームをプレイする上では重要な部分ですが、この2つは後から拡張することが出来るので、CPUが推奨動作環境を満たしているかどうかを必ず確認しましょう!

このページのトップへ↑

【自分のPCスペックの確認方法】

1.まず「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ss1.JPG


2.「dxdiag」と入力して「OK」を押します。

ss2.JPG

3.DirectX診断ツールというものが起動します。表示されるシステム情報のオペレーティングシステムがOS、プロセッサがCPU、メモリがメモリ容量を示しています。


ss3.JPG


4.次に赤丸で囲った「ディスプレイ」というタブをクリックします。チップの種類がビデオボード製品名、メモリ合計がビデオメモリ容量です。


ss4.JPG


スペックの足りない部分が1つぐらいなら、PCを買い換えずに交換や載せ変えでも対応出来る可能性がありますが、2つ以上足りていない部分があるなら、ゲーム用PCを買ってしまいましょう!

このページのトップへ↑