トップページ > ゲーム用PCパーツを考察 >  CPU

CPU

CPUとは「セントラル・プロセッシング・ユニット」の略で、正確には「中央処理装置」という意味で、パソコン全体の処理や計算を行う、頭脳とも言える部分です。

つまり、CPUの良し悪しがパソコンの性能に直結すると言っても過言ではないほど重要なパーツなのです。

CPU が良いものであればあるほど、そのコンピュータは複雑で多くの処理を、速く安定して行えます。

ゲーム用PCには処理の速いCore系のCPUが最適!

CPUはメモリとグラフィックボードとのバランスが重要となってくるので、CPUだけが高性能でもゲーム用PCの性能が飛躍的に高くなるというわけではないです。

ただ、CPUの性能が動作必須環境に比べて不足していると、グラフィックボードの性能が発揮出来なくなってしまいます。

Windows Vista、Windows7に対応している最近のオンラインゲームでは、Core系のCPUが高い性能を発揮することができます。

その理由は2つあり、1つはターボブースト機能がついているので、アプリケーション等の起動のスピードが非常に早い点です。

もう1つは、複数のソフトウェアを同時に起動しても動作が安定して行えるという点です。

このページのトップへ↑

メーカー製PCでは、新しいCPUへの交換は不可能!

CPUの交換は、同じ形状(ソケット)で周辺機器を制御するプログラム群である「BIOS」が対応していれば可能ですが、メーカー製PCの場合ですと、新しいCPUへの交換はほぼ不可能です。

なぜならメーカー製PCのBIOSのアップデートは、不具合を修正する時しか公開されないからです。

PentiumのCPUを搭載したPCをまだ使っている場合は、今後発表される新作3Dゲームが快適に動作する可能性は低くなってきますので、ゲーム用PCに買い替える事をオススメします。

このページのトップへ↑

【CPUスペック表】

cpuspeck.JPG

参考:CPU性能表

このページのトップへ↑